海外無料レンタルサーバーを借りる前に知っておきたいこと

By , 2012年5月18日

海外無料レンタルサーバー
これから、海外の無料サーバーを当サイトで紹介していく前に、「海外無料ホスティング(レンタル)サーバーを借りる前に、これだけは知っておきたい!」ということをまとめた、ページを今回は作成いたしました。

知っての通り、海外無料サーバーを使いこなせば、様々な面でとても、便利に重宝することが出来ます。
そんな便利な海外サーバーですが、利用する際の登録や、サーバー使用時に少々癖のある場合などが、多々あります。

というわけで、海外の無料サーバーをレンタルする際の注意点や、「これだけは知っておきたい」という部分を、ピンポイントで、今回は取り上げてみました。海外無料レンタルサーバーをレンタルする前の参考にしていただければと思います
。それでは、詳細は続きから。

管理人が、登録している海外無料サーバーの数は沢山ありますが、今まで見てきた中で、なんとなく癖があるな~と思った点や、利用していて思ったことなどを記載しておきます。海外無料サーバーをレンタルする際の参考になればと思います。

海外無料サーバーのメリットとは?

海外無料サーバーをレンタルする上での、メリットと言えば、「無料」と言うこともありますが、高機能で、ディスクスペース無制限や、月転送量が極端に多かったり、といったサーバーを無料でレンタルできると言うことがあるでしょう。

実際WEBサーバーを、所持していれば、様々な環境を構築することが出来ますし、WEB上の殆どのことは、大概出来てしまいます。自サーバーで、サイトを運用したいにも、コスト面やセキュリティ面などで様々な問題を抱えている、ユーザーにとっても、海外無料サーバーはとても重宝できます。


・サーバーを使う前の注意点として・・・

まず、海外サーバーを使う前の、予備知識として、「簡単な自宅サーバーを自分で構築」(公開はしなくていいです。)できるぐらいの、知識は持っていることが望ましいです。なぜなら、海外無料サーバーには「何でもあり」というところがあり、突然のサービス終了や、仕様変更などはよくあることです。

そんなときに、自身でサーバーを構築したことが無く、いきなりサーバーの仕様が変更されてしまいますと、自身に最低限の知識が無いと、殆ど対処できずに、立ち往生してしまう、ということにも成りかねません。

ましては、海外となれば書かれている言語の殆どは「日本語以外」の言語ですし、自身のサーバーに対するイメージを掴むためにも、ちょっとでもいいので、サーバーソフトウェアには、ふれておいた方がいいです。

有名な無償で、提供されているサーバーオープンソースソフトウェアといえば、「Apache」だと思います。また、殆どのレンタルサーバーでもApacheが使用されています。

※ここでは、環境の構築方法などは、本来の海外レンタルサーバーの説明から遠ざかってしまいますので、詳しくは解説いたしません。Apacheは、動作報告日本の公式ドキュメントなどが豊富ですので、割と簡単に構築できると思います。

・・・ですが、構築したからといって、セキュリティ関連をしっかりと学んでいない内は
絶対にApache WEBサーバーを外部に公開しないでください。

理由は、様々なサイトで解説されていますので、そちらをご覧ください。

他にも、海外サーバーならではの、偽装などの危険性があり、SSL通信やSFTP通信での「不正な証明書」(実際はちゃんと暗号化されるorされていない)場合や、その場その場で、様々なセキュリティに関する知識が要求されます。1日は安全だったサーバーも、明日には、どうなっているかわからないです。なので、実際に海外無料サーバーを借りて、何が起ころうとも、すべて自己責任です。

実際のパケットをキャプチャーしたいときなどは、Wire Sharkなどのパケットキャプチャーソフト(フリー)をご利用ください。

少し怖いことを書いているように聞こえるかも知れませんが、あまり怖がらせてしまっても、心配になってしまう方がいると思いますので、前置きの注意点に関しましては、ここら辺にしておきます。

※サーバーの善し悪しは、実際にそのサーバーを使った方達の意見を聞いてみるのが一番ですね。
要約すると、海外なら海外の住人が使ったレビューを読みます。

・レスポイント&転送速度について

海外ということもあり、海外に設置されているサーバーにアクセスするので、レスポイントも回線上どうしても、遅くなることがあります。重いデータを扱うときや、FTPクライアントで沢山のファイルを転送しているときに、遅さを実感することが多いです。

「海外で距離が遠い」ということも、遅い原因の一つですが、一番の理由はサーバーのアクセスの混雑やサーバーPCのスペック、データベースサーバーのアクセス集中などのケースがよく考えられます。具体例を言えば、FC2ブログなどのWEBサーバーは、サーバーがアメリカにあり、沢山のブログデータを一括して管理しているのにも関わらず、割と高速で安定した帯域での通信が可能です。

ですが、同じアメリカといっても、東部近辺のにあるサーバーは通信が、どうしても遅くなります。実際の通信には、「コマンドプロンプト」などで、海外サーバーのIPやアドレスを入力して、RTT(往復遅延時間)を調べます。

コマプロだよ
ping -l 1400 annkokunokizinn.blog116.fc2.com
意味:annkokunokizinn.blog116.fc2.comに、1400バイトデータを送信する。

結果

annkokunokizinn.blog116.fc2.comのラウンドトリップの平均応答時間は、149ms(ミリ秒)でした。

・・・という感じに、調べていきます。もっとも、Pingの応答速度だけじゃ、わかりにくいというのもありますし、あまり実感できないということも普通にあります。実際にそのサーバーを借りてみて、何かしら運用してみないと、実際のパフォーマンスの殆どはわからないです。あくまで判断基準の一つとして活用すると良いと思います。

転送といえば、ファイル転送に日本で利用者の多いFTPクライアントといえば、某無料ホスティングサービスのサイトがいくつも推薦していることもあり、「FFFTP」を使用している方が多いと思いますが、海外の無料サーバーでFTPクライアントを使い転送を行う場合は、より高機能な「FileZilla」を強く推薦させていただきます。

FileZillaの場合はファイルのアップロード中に、接続が切れることはなく、ほぼ確実に転送を行うことが出来ます。通信能力がどうしても落ちてしまう海外サーバーには必須とも言える、FTPクライアントです。

注意事項として、FileZillaは現在でもオープンソースとして、開発されており、脆弱性が見付かる度に修正し、公式から脆弱性を修正した後、アップデートされています。アップデートを通知されたら、「必ずFileZillaのアップデートを行ってください。」オープンソースのソフトウェアは”アップデートがあってこそ”、”万全のセキュリティを保持”できます。脆弱性のあるFTPクライアントをそのまま使用していると、クラッキングなどの被害に合う可能性が当然高くなります。

なので、しつこく何度も言いますが、アップデートは必ず行ってください!

・容量無制限・月転送量無制限の甘い罠

ディスクスペースや月転送量が無制限!と聞くと、とても聞こえがいいように思えますが、実際は帯域の制限がない場合は、共有サーバーのユーザーが、増えれば増えるだけ、サーバー全体のパフォーマンスも低下します。

まさか、海外の無料レンタルサーバーで(国内有料レンタルサーバーでも、まずありえませんが・・・)、「専用サーバー(ワンユーザー専用・高価)」を使っているところは、無いと思いますし、大抵は「共有サーバー(一つのサーバーマシンに複数のユーザーが使っている)」状態だと思います。

当然のごとく、共有サーバーのユーザーの数が多くなればなるほど、必然的にサーバー上のトラブルは多くなります。(アクセス出来なかったり、処理落ちしていたり)

ただ、無制限といっても、「極端にアクセスの多いサイトはご遠慮ください」などの記述や、「全体の帯域に制限をかけています。」という表記があれば、転送量無制限といっても、安心?出来るというように考えることが出来ます。・・・そうでない場合は、要注意です。開設された当初は快適でも、後後とても、処理が重たくなって、使い物にならない状態になることもよくあります。

ちなみに、転送量とディスク使用量は、全くの別物です。この二つを同じものとして考えている人もいるようですが、実際には全く違います。

ディスク使用量のHDD自体は、現在とても安価なものになってきていますので、ディスク使用量が多いサーバーがあっても、違和感はないのですが、転送量はデータの通信をサーバーと行うため、サーバーに直接負荷がかかるため、判断基準重要項目の一つです。

具体的な転送量の算出方法はとても簡単で、主に「自分のサイトの容量×1日のアクセス数」で計算することが出来ます。

例えば、当サイトを例に出すと、現在の当サイト3ETの場合ですと、1日のユニークアクセスが300Hitで、サイト1ページの容量が平均50KBぐらいだとします。これを計算すると(キャッシュなどはとりあえず除外視)、「300Hit×50KB」で一日の転送量は約「15MB」になります。

これを月に換算すると「30日×15MB」となり、月転送量は「450MB」になります。実際はこれに様々な要素(他ページやFTPやMail)が加わるので、実質の転送量はもっと多くなります。これは海外だけではなく、日本のレンタルサーバーでも考えられることですね。日本の有料オプションで月転送量をオーバーしてしまいますと、大抵はオーバーした分の課金制になります。(?GBにつき1000円)という感じに・・・

他にも、ディスク使用量が多くて、ディレクトリやそのファイルへのアクセスが多い場合は、ディスクI/Oにも負荷がかかるという場合も考えられます。ディスクI/Oについては、ここでアーキテクチャを解説してしますと、話がサーバーから脱線してしまいますので、ここでは詳しく解説致しませんが、ご了承ください。

要約すると、「転送量が多く(制限されていない)・ユーザー数が多い場合は、それだけサーバーマシンに負荷がかかっている」ということさえ覚えておけば、とりあえずOKです。

・登録・コントロールパネルについて

コントロールパネルとは、海外で登録時に設定してある、ユーザーからの情報を入力して、サーバーの方で自動的に自動送信メールなどを送り、ユーザー登録(iPanel)から、サーバー管理までの一連の手続を行ってくれる、管理システムのことです。有名どころでは000webhostなどはcPanelに相当します。

海外で最も多く利用されている、コントロールパネルはCpanelやVistaパネルが使用されています。(VistaといってもWindows Vistaのことではありませんよ)

これは、管理人の主観なのですが、今まで登録してきたところを見ると、サーバー管理者の技術・知識に関しては、cPanelやVistaパネルより、独自のコントロールパネルを使っている場合の方が、技術力は独自コントロールパネルのサイトの方が高いような気がしました。(勿論これがすべてというわけではないですが・・・あくまで管理人の主観としてそう感じました・・・誤解しないでいただきたいのは決して、cPanelやVistaパネルが悪いと言っているわけではないです。)

ちなみに、cPanelは1年ライセンスで約6万円のお値段です。
cPanel自体は、「WEB上(ブラウザ)ですべてのサーバー上の設定を管理出来る」という理念を元に作成されています。自分はcPanelのソフトウェアを持っていないので、管理者としてのcPanelのシステムは、わかりませんが、ユーザーサイド(使ってみた感想)としては使いやすいシステムの一つだと思います。(日本語パネルも用意されていますしね)

さて、上記で説明した「cPanelやVistaパネルより、独自のコントロールパネルを使っている場合の方が、技術力は独自コントロールパネルのサイトの方が高いような気がしました」という理由を説明すると、cPanelやVistaやユーザー登録のiPanelなどは最初からできあがっている物ですが、独自パネルはそこの管理者が「独自で作った物なので、その分その管理者の知識が高い」と考えることが出来ます。海外では様々なサーバー管理者がいますので、その管理者の知識もピンからキリまで存在します。そんな場合の見分け方の一つと考えてみてもいいかもしれません。

ですが、海外無料サーバーの独自パネルといっても、たま~にフォームからの入力を受け付けなかったり(具体的には入力がループする)する場合や、PHP構文エラーを吐き出す独自パネルも本当にあります^^;

様々な場合が想定されますので、あくまで、サーバー管理者の技術力を計る判断基準の一つとして、参考にしてみてください。

・時差について

これは、海外の無料サーバーだけに限らず、国外サーバーのすべてに通じることなのですが、サーバーのUNIXタイムスタンプ(タイムスタンプ:時間)はサーバーマシンが設置されている、国に依存します。

要約すると、日本では夜の9時をしめしているからといって、海外のサーバーでは時差によって、夜の9時とは限らないと言うことです。この時差が影響する部分は、ログやFTPクライアントなどのログイン画面や、CMS(WordPressやMedia Wiki)などの時差、Pingやコメントやトラックバックの時間も、時差が影響します。

なので、使用するプログラミング言語やデータベース等の設定で、時差の修正を行う必要があります。

実際、管理人はCMSのWordPressやMedia Wikiなどの設定時に、直に時差の影響を受けていました^^;
そんなわけで、海外サーバーをレンタルする際には、時差に関して、くれぐれもご注意ください。

・データベース等のレスポイントについて

これは、現在において、結構どこでも共通することなのですが、最近ではMySQL等のデータベースの使用量が、レンタルサーバーユーザーの間で、増えているため、データベースサーバーへの集中アクセスが多く、サーバーがダウンすることが多いです。

ある意味、WordPressやMedia Wikiなどのデータベースを使用する、CMSオープンソースソフトウェアの中で考えると、このデータベース間のトラブルがとても多いような気がします。

そして、このデータベースに関しては、厄介なことに、外部からは殆ど、データベースのパフォーマンスについて、判断することが出来ません。まさに「ブラックボックス」状態です。借りてみるまでは、明確な判断をする基準がありませんので、海外のレビューサイトなどで、情報を得る必要があります。

・文字コードについて

海外のWebサーバーの文字コードは、大抵は「UTF-8」です。HTMLの文字コードはもちろんのこと、データベース等の文字コードなどもUTF-8に変更する必要があります。

テキストファイルの文字コードの編集には、エディタ(秀丸エディタやサクラエディタ)などを、使用して文字コードを変更します。

・PHP拡張モジュールmbstringについて

PHP拡張モジュールmbstringについてですが、海外のWEBサーバー等では、mbstring拡張モジュールが有効になっていない、場合などがあります。この拡張モジュールが有効になっていないと、CMS系などを設定するときに、文字化けの原因になったりすることがあります。(具体的にはWordPress携帯対応プラグインKtai Styleなど)

変更方法はphp.iniの記述を変更するのですが、殆どのレンタルサーバーで、この「php.ini」の設定を変更できるところはありません。他にも「.htaccess」等で、変更することも出来ますが、殆どがセキュリティの関係から「.htaccess」で、mbstringを制御することは、出来ないように設定されています。

もし、php.iniを編集できる場合の、mbstringの有功にする方法ですが、php.iniを開いて、mbstringの文字列のある部分の先頭の「;」(コメント)←を削除すればいいだけです。

もし、どうしてもそのWEBサーバーでmbstringを使用したい場合は、サーバー管理者さんに問い合わせる必要が出てきます。(殆どの場合が、個人で変更できる設定じゃないので・・・)

・問い合わせについて

海外のレンタルサーバーと言うこともあり、環境回りの殆どが英語or中国語で、記述されています。そのためそこの国の言語で対応する必要が出てきますが・・・海外の有料サーバーでしたら、サポートも望めるのですが、「無料」ということもあり、ここら辺をもとめるのは少し厳しいです。

大抵はそのサイトに設置されている「フォーラム」にて、質問が掲載されていますので、そこに書いてある質問の内容から、問題を解決する必要があります。

登録の流れ
海外サーバーを登録するにあたっての流れは、主にこのようになります。
「登録フォームで情報を入力する」→「自分の指定したメールアドレスにてアカウントの確認」→「1日~2日の審査を待つ」→「審査通過の有無を記述されたメールが来るので、その内容に従う」

「Account cancelled」という内容のタイトルが来た場合は、アカウントの申請は拒否されたことを示します。

・海外の登録フォーム:早見表

ここでは、海外の登録フォームで、よく出てくる単語・内用についてまとめてみました。(主にcPanel関係です)現在は英語のみですが、中国語の良いサンプルがあれば、随時作成させていただく予定です。

登録回り
・Sign UP
新規登録という意味

・Register
登録

・order now
大体、登録と同じような意味合い、クリックすれば、そのプランの登録フォームに移行します。

・Login now or Login
ログイン画面です。主にcPanelの設定画面に飛ばされます。

・Forum
Q&Aや、ユーザー同士の助け合い質問掲示板です。海外では登録する前に、フォーラムのアカウントも作成するところが、殆どです。

・Support Community
同じくQ&Aや、Forumのことです。

・About
サイトの概要・運営主旨が書いてあります。

・Donate
寄付の申し込みです。


登録フォーム関連


・Use an existing domain name
既存ドメインがある場合は、こちらから登録します。

・Use a sub-domain
そのサイトで用意されているサブドメインを使用します。

・Sub-domain name
サブドメインの名前を選択します。例えば当サイト3ETのサブドメインの場合ですと、
「サブドメイン名.3et.org」という感じになります。 例:「about.3et.org」など

・Add this order to my existing account
そのサイトの既存アカウントがある場合は、こちらから前回登録した内容を入力します。

・I am a new customer
初めてそのサイトに登録する場合は、コチラを選択します。

・First name
ファーストネームです。名前は何でもいいです。

・Last name:
同じく名前は何でもいいです。

・Company:
会社名です。「*」の表示が無い場合は何も入力しなくていいです。

・Address:
住所です。入力は審査に引っ掛からない(あり得ない住所)の限りで、適当に入力してください。

・City:
都市名です。

・Country:
国です。

・State/Province:
日本語で訳すなら、州・都道府県です。

・Zip/Postal code:
郵便番号です。

・Phone number:
電話番号です。

・Fax number:
ファックス番号です。

・Email address:
メールアドレスです、後ほどアカウントの確認メールが来ることが殆どですので、必ず受信可能なメールアドレスを入力しましょう。

・Secondary Email address:
二つ目のメールアドレスです。主に一番目のメールアドレスが連絡不可になった場合の、サブメールアドレスを設定します。

・How did you hear about us?
ここのサイトをどのようにお知りになりましたか?ということです。面倒な場合は「Google」と答えておきましょう。

・Purpose of Site (Be descriptive and include the subject of your site)
サイトの使用目的を記入してください。ブログなら「Blog」というように記入します。利用規約をしっかりと守り、回答してください。

・Package Information
これは、一時的に申請を許可されたかどうかor一括にアカウントを管理することの出来る、「パッケージアカウント」の設定です。cPanelでは、サーバー管理者の審査後、アカウントが作成されます。

・Package username:
パッケージのユーザーネームです。新しく作成しますので、そのまま入力してOKです。

・Package password:
パッケージユーザーネームのパスワードです。これもここで新しく設定します。

・Verify package password:
確認のために、パスワードをもう一度入力してください。

・If you have any comments or special instructions for this order, specify them below:
Comments:
何かコメントや要求があれば、ここにその内容を記入します。無い場合はそのままでOKです。

・Post for Hosting
フォーラムのユーザー名を入力する項目です。そのサイト内のフォーラムで「Register」をクリックして、前もって、フォーラムのアカウントを作成している必要があります。このフォーラムアカウントを作成しないと登録できないサイトが殆どです。(同じく登録無料)

太文字の「0 new posts per month」の項目などは、0 postと書かれている項目を選びましょう。他のオプションを選択すると、フォーラムポスト関連のノルマが義務付けられます。25postなどを選択すると、サーバーオプション自体のランクは無料で上がりますが、ポストの義務がいろいろと面倒です。出来る限り、制限のない0 postを選択しましょう。

・Forum username:
フォーラムで新規登録した。フォーラムユーザー名を入力します。

・Forum password:
フォーラムで新規登録した。フォーラムパスワードを入力します。

・You must review and agree to our Terms of Service before proceeding.
Agree:
規約に同意しますか?ということです。規約を読んだ後「Agree」同意するを選択しましょう。

cPanel登録フォーム参考画像
cPanel登録画面
登録画面2


後書き

それでは、今回はこの辺で失礼させていただきます。海外サーバーは活用できれば、いろいろと便利に重宝できますので、試してみて損はないと思います。

その他必要事項などがありましたら、追って記入させていただく予定です。長々と読んで頂き、ありがとうございました。

No related posts.

14 Responses to “海外無料レンタルサーバーを借りる前に知っておきたいこと”

  1. コンタクト より:

    わかりやすい説明で参考になりました!

  2. WEBOX より:

    以前のFC2ブログからきました。プラグイン「Googleページランクリンク一括チェック」のバージョンUP(Chrome対応等)をしていただけると嬉しいです。

  3. Boost your app ranking and discoverablity wit best place to buy swtor credits h cost-efficient aso service,best place to buy swtor credits! Our ASO tactics will make your app rank higher!

  4. VerStedy より:

    Какие содержательные моменты способны вызвать положительную эмоциональную реакцию читателя? Скачать ромео истекает кровью с nibe Полотна европейских мастеров покрывали стены там, где им это позволяли отступавшие в сторону шпалеры, а пол помещения был устлан восточными коврами.

  5. Obtain unlimited Gold, Wood, and Diamonds with clash of kings gold? our Boom Beach Cheats,tips,tricks, and guides. Using these gems upgrades anything instantly and you can buy boom beach glitch game of war accounts for sale,clash of kings hack,marvel contest of champions hack and other cheap hacks!,clash of kings gold?,

  6. Amazing website for WoW gold and World of Warcr buy wow gold with debit card aft items for sale,buy wow gold with debit card. Buy the best tradable WoW items. Purchase WoW gold at the most affordable prices!

  7. App Store Optimization is meant to drive boost app organic downloads more traffic and ultimately more conversions (in this case,boost app organic downloads, more downloads) by increasing visibility.Immediately improve app discovery in the app store with our App Store Optimization sevices for new & existing iOS apps.Contact us

  8. Battle clash of clans fast gems? Camp cheats updated for 2015! Get unlimited Gold and Energy in Battle Camp! Works for your mobile phones,clash of clans fast gems?. Find battle camp gold generator no survey and cheap gold with instant delivery!

  9. Amazing website for WoW gold and World of Warcraft ite swtor credits for sale ms for sale,swtor credits for sale. Buy the best tradable WoW items. Purchase WoW gold at the most affordable prices!

  10. App Store Op get more app downloads timization Services help to improve visibility in app store and search engine. We offer app store seo for ios apps,get more app downloads, and we will also increase the number of downloads your app gets using app marketing and app store optimization.

Leave a Reply


OfficeFolders theme by Themocracy